萌えるとは何だろうか?

萌えとは、正しい日本語では草木が芽生えることを指しています。しかしオタクの文化では、一方的な愛情を持った時の感情を示す言葉として萌えると使われています。要するに誰にでも萌えるという行為は、生じるわけでオタ芸と言われている、特な何十年後はもしかしたら伝統芸能になるかもしれない踊りにふけているようなオタクだけの感情ではないことがわかります。

萌えるのは人それぞれ

多くの人が誰かしらに恋をします。その恋愛をするという発生の感情を萌えるということになります。そう考えるとそう難しいことではありません。誰にでもそのような経験があるでしょう。芸能人が見せるしぐさにかっこいい、かわいいという感情が芽生えた時こそ萌えているのです。

圧倒的に2次元で使われる

オタクの文化では、人間に対して使われるよりも2次元の絵について使われることが多いのも特徴です。リアルでは絶対に見ることができないあどけない顔に、はちきれんばかりの胸の強調など特徴です。またそれとは逆に、胸が小さいのも最近では萌える人が出てきました。

女性視点での萌えもある

壁ドンは特徴的な女性視点の萌えでしょう。しかしこれはあくまでもカッコイイ男性にしてもらう、または憧れを抱いている男性にしか発生しない感情です。オタクや興味がない男性に壁ドンをされたところで、それはただの威圧に過ぎません。

仕草も重要な萌え項目

男性や女性がふと見せる仕草も大切な萌え要素です。いつもしっかりしている人が、おっちょこちょいな行動をしたり、甘えたりするのは重要な萌え要素として加点されます。ギャップがあればあるほど萌えてしまいます。しかしここで計算は禁物です。萌え要素に敏感な人は、すぐに見破ってしまいます。萌えからあざといという悪い要素に変化してしまうでしょう。

人の数ほど、それぞれに萌え要素があります。自分はどのようなものに萌えるのかを知ることで変わる可能性があります。積極的な恋愛を避ける傾向が高い若者ですが、そこから脱却し恋人を求める社会になる救世主が、萌えなのかもしれません。

サブコンテンツ